マルタイリング、2014年33%の成長率を達成

IP翻訳プロバイダが、社内イノベーションにより、特許出願の増加に対応

ソルトレイクシティ-2015127日-外国特許出願のための知的財産(IP)翻訳と関連サポートサービスにおける革新的リーダーであるマルタイリングは本日、2014年の全世界における収益増加が33%に達したことを発表しました。同社の収益増加は、米国、ヨーロッパ、およびアジアにおける企業からの国際特許出願が継続的に増加する中、これに対応すべく同社の能力を増強したことによります。

「世界的な特許出願の継続的な増加により、特にアジア言語を使用する諸国への、またはこれらの諸国からの出願のための、高品質な特許翻訳と出願サービスがより強く求められるようになりました」「マルタイリングは、グローバル企業が世界中で知的財産を保護しようとする際に直面する、特許の所有にかかる全体的なコストの削減、特許無効化リスクの軽減、特許取得までの時間の短縮などといった、固有のニーズにより適切に対応することに注力しています」(マルタイリング社、社長兼CEO マイケル・スネドン談)

先月発表された世界知的所有権統計2014年版によれば、2013年には全世界で257万件の特許出願が行われました。これは、2012年比で9%の増加にあたり、1995年からおよそ3倍近くに増加したことを示しています。特許出願数上位4特許庁には依然として、中国(3年連続1位)、日本、韓国の3カ国が入っており、いずれも翻訳が難しいアジア言語を対象とします。

2014年、マルタイリングは:

  • 新たに台湾にオフィスを設け、アジア地域での能力を拡大しました。
  • 中国、日本、韓国でオフィススペースを二倍以上に拡大しました。
  • 本社のオフィススペースを25%拡大しました。
  • デビッド・ユリー(最高財務責任者)、マイケル・デン(グルーバル営業担当上級副社長)、これに続くレベルの強力なマネージャー陣など、優れた人材を新たに迎え、クライアントが必要とする高品質の法律文書翻訳を提供するための新しいプロセスおよびテクノロジーも導入しました。
  • 国際的に認知されている、国際標準化機構による一連の品質マネージメント規格、ISO 9001:2008認証を取得しました(同時に、同社は翻訳に関するヨーロッパの品質規格EN 15038:2006の認証を更新しました)。
  • グローバル500企業の法務チームのニーズにより良く応えるために、更に1000名以上の科学系翻訳者を加えました。
  • 受賞のための5年間の評価期間である2009年~2014年の間に収益を倍増させたことにより、ユタ・ビジネス・ファースト50に指定されました。

マルタイリングについて

1988 年に設立されたマルタイリングは、グローバル500企業の法務チームによる外国特許出願のための知的財産(IP)翻訳サービスと関連サポートサービスにおける革新的リーダーです。マルタイリングは、優れた品質と一貫性、および時間厳守の確実納品を強化するプロセスとテクノロジーを駆使して連携する現地出身の国内言語学者、科学者、エンジニア、および法律専門家を含め、外国特許出願のためのベストプラクティスを明確化し、その推進を続けています。マルタイリングのお客様には、Procter & Gamble、横浜ゴム、および Dow Corningなどが挙げられます。

# # #
ご連絡先(英語):
Kelly Wanlass
Snapp Conner PR
+1 801 602 4723
kelly@snappconner.com