ケーススタディ

グローバル 500 社との長期的パートナーシップ

1988年の創立以来、専門化された知財翻訳や外国特許出願業務を提供するマルタイリングは、世界市場の拡大を目指すグローバル500社の多国籍企業からの信頼を得て来ました。当社は長年、外国特許出願に関して業界の成功例を提示し推進力となってきました。プロクター&ギャンブル(P&G)、横浜ゴム、テラダインなどのグローバル500社は作業効率の向上を実現し、それは特許出願件数の増加、オフィスアクションの減少、訴訟リスクの回避、特許査定までの時間短縮という結果に表れています。マルタイリングは、多くのグローバル企業の重要な文書翻訳をお手伝いしています。

pg-logo

10年以上にわたって、プロクター&ギャンブルからは数多くの言語への特許翻訳を当社にお任せいただいております。消費者製品を扱う多国籍企業の同社は、マルタイリングに業務移行するまでは、各海外代理店が地域ごとに管理する20以上の翻訳チームの負担を抱え、一元化されたプロジェクト管理も、完了予定日さえもない状態でした。

ケーススタディ:コストを上げずに外国出願を増やしたプロクター&ギャンブル

2001年、プロクター&ギャンブル(P&G)は、予算に合わせて外国出願の費用削減か、もしくは件数削減かという重大な判断に直面していました。P&Gは毎年30以上の国々で特許出願を行い、約35,000件の特許を保有することから、その特許ポートフォリオは世界最大で最も価値のあるポートフォリオのひとつに数えられます。しかし、翻訳料の上昇、市場および海外事業範囲の拡大、管理運営の複雑化から、大規模な改革を強いられました。

 

Teradyne

ケーススタディ:マルタイリングを通じて高品質特許翻訳を実現するテラダイン
2010年にキー・リー氏がテラダインの知的財産部長として就任したとき、リー氏は即座に高品質翻訳の必要性を認識しました。リー氏はこのように語っています。「我々の知的財産はきわめて貴重ですが、翻訳上のたったひとつの誤りが、特許の内容を変えてしまう場合もあります。そのようなことが起こるリスクを負うことはできませんでした。」

 

BGL_Logo_Hi_Res知的財産を専門とする160名の弁理士、科学顧問、特許代理人を擁する ブリンクス・ギルソン・アンド・リオン法律事務所(以下「ブリンクス法律事務所」)は、 米国屈指の知財法律事務所です。世界各国の顧客は知的財産を特定、保護、管理、および 行使するために同社を使用しています。ブリンクス法律事務所の 弁護士は、特許、商標、不当競争、企業秘密、著作権法などすべての側面に おける専門知識を提供します。 2013年、ブリンクス法律事務所が担当した小規模の製薬会社が欧州特許権の取得に成功し、特許権の維持を希望する各国において、それぞれバリデーションが必要となりました。当初、この製薬会社は予算的に10カ国(そのうち数か国では翻訳が必要)でのバリデーションが可能であると見ていましたが、現地代理人による初回見積りは、同製薬会社の予想額を大幅に上回るものでした。同社はバリデーションを希望していた国の数を減らし、結果的に一部の国で知財保護を見送らざるをえなくなるのではないかと懸念しました。ブリンクス法律事務所から見積りを依頼されたマルタイリングは、同法律事務所とそのクライアントのニーズに対応するために、長年培ってきた業界の成功事例を適用できること、また、この依頼に大幅な低コストで対応し、当初、同社が予定していた数を上回る国々でのバリデーションが可能であることを確信しました。

carbogen-logo

ケーススタディ:社員の内300人以上が化学者というスイスの カーボゲン・アミックス( AG) は、世界中の大手製薬会社に優れた薬品開発と製品化のサービスを提供しています。マルタイリングは2009年以来、同社の複雑かつ緻密な化学プロセス文書の翻訳と文書化を担当してきました。 これを成し遂げるため、マルタイリングは高度な専門知識を有する化学者であり翻訳にも熟練した人材を投入しています。

thermofisher-logo

ケーススタディ:テクノロジー市場の先駆者であるサーモ・フィッシャー・サイエンティフィック は、高い品質の科学文書翻訳を得るためにマルタイリングに協力を求めてきました。技術的にも科学的にも高度な用語を使用するサーモ・フィッシャー・サイエンティフィックでは、中国語によるビジネスレターから半導体分析用赤外線分光法まで、あらゆる翻訳に対応できる言語サービス会社が必要でした。マルタイリングの経験豊富な国内翻訳者と熟練したDTP担当者によって作り出されたシームレスな最終版は、サーモ・フィッシャー・サイエンティフィックの原文のイメージを忠実に再現し、デスクから印刷へと直接送ることが可能でした。マルタイリングの綿密に開発された用語管理システムと翻訳メモリは、短期間での整合性のある正確な技術翻訳の実現に大いに役立っています。