品質管理

品質へのニーズ

マルタイリングの第 1 の目標は、ミスのない翻訳を提供することです。

企業は、品質を最も重要なプロジェクト要件と考えており、適時性および予算管理がこれに続きます。 品質の向上は、個人、チーム、そして組織に成功をもたらします。

この目標を達成するために、当社のモデルでは翻訳プロセスの複数のステップにおいて 独自テクノロジを用い、熟練したチームメンバーをとおして厳格な品質管理が繰り返し徹底されます。 マルタイリングの診断的ワークフロープロセスでは、継続的改善、効率の上昇、およびエラーの排除による品質の強化に焦点を当てています。 これらの原則は、プロダクションチームのプロセスだけでなく、ビジネスモデルにも適用されています。

マルタイリングのプロセス

カスタマイズされたクライアント別チェックリストが翻訳プロセス全体で閲覧でき、これによりステップの省略を防ぎ、レビューと品質保証が確実に実践されていることを保証します。

実際、当社の社風のひとつである強固なチームワークでは、まずプロセスの最適化と自動化、次に予防手段(是正措置ではなく)としての品質保証処理を適用することに焦点を当てています。 複雑なプロダクション環境に構築された、テクノロジーと組織構造および品質保証プロセスの組み合わせは、翻訳業界の中でもマルタイリング独自のものです。

予防的品質管理には次の処理が含まれます。

  • 当社の翻訳者が利用できる一連の参照ファイル
  • 用語管理および自動化された用語の適用
  • 受注した案件の資料およびデータの確認と、ソースデータに対する必要に応じた修正
  • タスクの分析とプロジェクトのプラン
  • 実際の翻訳業務開始前に行われる綿密な準備
  • タグおよび書式情報のプロテクト
  • 文書構造とファイル整合性を検証するためのソースファイルの見直し

当社の非常に優れた品質管理プロセスは、翻訳業界をリードする主要標準化機構および認証機関の要件を満たしていることは勿論の事、より高度なレベルにも達しております。

  • ISO 9001:2008 認証
  • EN 15038 : 2006 翻訳サービス認証
  • SAE J2450 翻訳品質評価基準特別専門委員会
  • LISA 評価基準
  • ATA 評価基準
  • 翻訳 QA 評価装置(米国特許第 7653531 号)